借金は信頼をかなり損ねる

大学生の頃に、複数の友人から借金をしていたことがあります。1人当たりの借金は、それほど高額ではないのですが、トータルすると約30万円ほどにまで膨らんでいました。なぜ学生身分でそこまでの借金になってしまったかというとですね、ありがちな話ではありますが、ずばりギャンブルです。
しかしながら、それまではギャンブルに手を出すような性格では全くありませんでした。お正月に貰うお年玉は全て貯金していましたし、毎月のお小遣いもほとんどを貯金に回していました。それがですよ、ギャンブルにのめり込んでしまったために、貯金はあっという間に全て無くなり、挙句の果てに友人たちから借金をするようになってしまったんです。
思い返してみると、ここまでギャンブルにハマってしまったのは、最初に行ったパチンコで勝ってしまった事が原因のような気がします。いわゆるビギナーズラックで買ってしまった私は、それまでコツコツとお金を貯めてきた事がバカらしく思えたんですよね。
が、そんなビギナーズラックがいつまでも続くはずもなく、段々と負けが込むようになっていきます。で、冒頭で述べたように、複数の友人からトータルで30万円ほどの借金に膨らんでしまったのです。もうその頃には、私の信頼度は完全に失われていて、”お金にだらしのない奴”というレッテルが貼られていました。
これはさすがにヤバいと感じた私は、必死になってアルバイトをし、また親から援助をしてもらい、何とか全額を返金することができましたが、時すでに遅し。一度張られたレッテルはそう簡単には剥がすことはできず、結局大学での私の信頼度が回復することはありませんでした。

借金返済中に返済資金が不足したら

借金返済生活において、最も困るのが急な出費です。返済資金をきちんと用意しておいても、急な出費で資金が足りなくなってしまう可能性は否定できません。しかし、資金が足りないからと言って返済をサボるわけにはいかないのです。
借金払えない時に更なる出費で金銭的な困窮が発生した場合、どうにかして資金を用意して返済に充てなくてはなりません。その方法の一つとして、他社から新たに融資を受けるという手段が挙げられます。すでに金融機関からの融資を受けている方でも、借り入れ件数や借り入れ金額が少なければ、他社から新規に融資を受けることが出来ます。もちろん審査に通過する必要はありますが、審査できちんと可決されればお金を貸してもらえるのです。
借金の返済中に返済資金が足りなくなった際、このようにして返済を乗り切る方は非常に多いと言われています。とりあえず目先の返済日を乗り切るには、確かに効果的な方法です。しかし、注意しなくてはならないのは、借り入れ件数と借り入れ金額が増えることで返済負担も増加してしまうという点です。
借り入れを増やした後は、更に返済計画に注意が必要になってきます。どんどん借り入れを増やしてしまわないよう、しっかりと返済資金を用意して返済を行うように心がけましょう。
具体的には、月初めにあらかじめ返済資金だけ確保して、残りのお金でその月の食費や光熱費、交際費などを計算してやりくりするといいでしょう。

計画的に返済できれば、借金は人生を豊かにする方法

借金は、決して悪いことではありません。おそらく、一生借金をせずに過ごせる人はほとんどいないでしょう。住宅ローンだって借金ですし、車をローンで買えば、やはり借金です。クレジットカードの分割払いで電化製品を買うのも、もちろん借金です。お金を貯めてから欲しいものを買うのは理想ではありますが、それではマイホームを持てるのは退職金をもらってからになってしまいます。借金をしても、きちんと返済計画を立てて元金と利息を返済できるなら、人生をより豊かにできるのではないでしょうか。
問題は、この計画的な返済です。簡単なようで、できない人がたくさんいます。自己破産や債務整理をする人が多いことからも、お分かりいただけるでしょう。もちろん、収入が減ったり、病気で失業してしまったり、予想外のことが起きて返済できなくなってしまったら、自己破産や債務整理をするのも結構です。借金で苦しむ人を救済するための制度ですから、最後の手段として使わない手はありません。
しかし、債務整理をすると、何かを失うことになります。これといった財産を持っていなくても、しばらくはローンで買物ができなくなります。無計画な借金の積み重ねで安易に債務整理をするのは避けたいところです。計画的に返済するのは、決して難しいことではありません。収入と支出を洗い出して、返済にまわせるお金をいくらにするか、導き出すだけです。返済できる範囲の借金しか、してはいけません。完済できればそれが自信になり、新たな借金も怖くはありません。

私が借金の怖さを感じた時

私が高校生の頃のことです。
友人の母親は、いつも頭のてっぺんから足の先までいつもバッチリ決めている方でした。
とてもキレイにしているので友人に「うらやましい」と伝えると、そっけない返事で機嫌が悪くなる始末でした。
何でそうなるのか、私には全くわかりませんでした。
ところがある日突然、友人は高校へ来なくなりました。
そして友人が高校を辞めたことを担任の先生から聞かされ、教室から友人の使っていた机やいすが片付けられました。
後から理由を聞くと、母親が多額の借金をおり、高校へ納めるお金まで使いこんでしまったというのです。
事情を知って慌てて友人の家に行くと、すでに家はもぬけの殻でした。
よくテレビドラマでありがちなビラが、玄関ドアや壁に貼られていました。
それを見ながら、ほとんど夜逃げのような感じだったのかなと思いました。
私があの時、友人に言った何気ない一言がどれだけ嫌だったのか、ようやくわかりました。
当時の私は、友人の本心を見抜くことができませんでした。
あれから20年以上経ちますが、友人の家で見たビラや不思議なくらいの静けさは今も鮮明に覚えています。
その時、借金は人の人生を狂わしてしまうほどの恐ろしいものだということを知りました。

やむを得ずカードローンで借金をしても可能な限りリセットを掛けていくのがベター

毎月の収入だけではどうしても生活費が回らないということから、消費者金融などのキャッシングを利用してお金を借りているケースもあると思います。実際我が家の家計も、確り当て嵌まります。ボーナスを含めた年収ベースでトントン、若しくは少し足りないくらいの状態で、現在消費者金融系のカードローンから借金をして凌いでいる状態。
借金が計画的なものであれば良いのですが、何度も借金や返済を繰り返せるカードローンは、ややもするとまるで自分のお財布の様な感覚に陥る危険性もはらんでいるので、その点は十分に注意する必要があると考えます。
遂やってしまいがちなのが、借金の残高を積み上げたままにしてしまうこと。借入残高に応じて毎月一定額を返済するリボルビング払いの場合、借入残高が増えてしまうほど、返済しているように思える金額の中に占める利息分の金額が大きくなってしまうことになるのです。
例えば、借入金利が年15%で50万円までは毎月1万円づつの返済金額となっている場合、借入残高が10万円ですと1万円の返済金額に占める利息分は1,250円ですが、50万円積み上げてしまった場合には6,250円となり、1万円を返済しているつもりが残高は3,750円しか減らないことになるのです。これでは返しても返しても、残高は減っていってくれません。まして追加で借金を繰り返しているうちに、残高はドンドン積み上がっていってしまい、限度額一杯一杯の状態に近づいてしまいかねません。
我が家の様な、ボーナス含めた年収ベースでトントン程度の状況でしたら、間違いなくボーナス時など纏まった収入を得られた際には、増額返済や可能であれば一括返済をして、借入残高をリセットするのがベターだと考えます。折角纏まった現金を手にして、出来れば手元に置いておきたい気持ちは理解出来ますが、リセットを掛け利息分の返済を一旦少額にすることが得策だと思います。
「また借金するのだから一緒でしょ?」と思われるかもしれませんが、実際にお金が足りなくなったら再度借金を始められれば良いのではないでしょうか。「この人は確り返済をしている」というクレジットヒストリーを作ることにも繋がり、将来的に限度額の増額申請の際の審査に於いても有利に働くことが考えられます。借入残高を積み上げ続けた状態で「限度額が足りないから増額したい」では、増額申請の審査は非常に難しいものになると考えます。

借金の怖さとは

借金の怖さというとみなさんはどういうのを思い浮かべますでしょうか?
きっと多くの方は借金の怖さと聞いて一番怖いと思うのは借金をする事で生じる利息金の支払いだと思います。

確かに利息の支払いは怖いですが、それは実は大した問題ではないです。なぜなら、借金してもすぐに返済できるめどが立っているなら別に利息の支払いはそこまで恐れる必要はないからです。

では、借金をする時に一番怖いのはどういう時なのかというと、一番怖いのは返せるめどが全く立っていないにもかかわらず借金をしてしまう時です。

この時に多くの人が取ってしまう行動としてあるのが借金を返済するためにまた別の消費者金融から借金をしてしまうというものです。こういう事態になってしまった時が借金をするのが一番怖い時です。

これで借金を返すために借金をするようになっていって利息の支払いだけでも大変な事になってしまいいつか破たんしてしまいます。

これが借金をする一番の怖さです。ですから、これまで借金をする怖さはただ1社から借金する事で生じる利息の支払いだと思っていたという人は実は1社だけからお金を借りるのはそれほど怖くなくて本当に怖いのは借金返済のために複数の消費者金融から借金する事です。

終わりの見えない借金返済と、借金取りの行動

借金は怖いものです。その認識は誰しもがしていることでしょう。しかし、長い人生を歩んでいくうえで、誰だって借金が必要になる可能性はあるのです。私は、30歳にもなっていないのですが、200万円以上の借金がありました。仕事は普通のサラリーマンなので、給料に余裕があるわけではありません。ですが、その少ない給料を削って、少しずつ返済しています。少しずつなので、返済が終わる頃には、アラフォーになっていると思います。長いですね。もし、返済の途中で病気にでもなって働けなくなったら。最悪、私が死んでしまったら、その時は私以外の人にも迷惑をかけてしまうことになります。それだけはどうか避けたいところです。それでも、人はなぜか悪いイメージばかりをしてしまいます。もし、そういう最悪の事態になったらどうしようと、いつも考えてしまいます。
先日、私が住んでいるアパートの近所に、借金取りが来ていました。時間は深夜3時頃です。なぜ借金取りとわかったかというと、深夜にもかかわらず、お金返してくださいよ、とドアを蹴りながら怒鳴っているのです。ドラマとかでしか見たことがない状況で、本当に怖かったです。
明日は我が身です。自分も、あのように借金取りに追われる日が来るのでしょうか。返済が終わるまで、不安な日々が続きそうです。

収入が低い庶民でも借金がしやすい消費者金融を利用する時の注意事項とは?!

借金をするなら、保証人を立てる必要のない個人向け融資の消費者金融は低収入の人でも利用がしやすいです。
100万円以内の借入なら殆どの業者が上限金利の18%を適用してきますが、プロミスの場合は少し安い17.8%なので、出来る限り安い返済額に抑えたい場合は有利です。
もし30日以内に返済できる見込みのある安定した職に就いてるなら、アコムやプロミスなど一部の消費者金融でサービス提供している1か月間だけ無利子で借りれるキャッシングローンを契約したほうがいいでしょう。
ただアコムの場合は、返済サイクルが35日ごとの人のみに30日間の無利息適用が限られてるので、ここで借金を考えてる場合は気を付ける必要があります。
そして、このような金融業者から借金する時にくれぐれも留意しておきたいのは、借金返済に遅れた時の対応の仕方です。
一応、クレジットカード会社と同様に消費者金融でも約定日が過ぎても猶予期間を設けてくれますが、借りている期間は利息が1日ごと増えている事は変わりないので、少しでも早く返すのが賢明です。
又、返済が遅れる場合が予め分かってる場合は、早急に融資を受けている金融業者のサービスセンターに一言連絡するのも忘れないようにし、返済日の変更又は返済できる予定日の申告をし、二度と同じ過ちを繰り返さないように気を付けましょう。

借金を抱えた時の強い味方「債務整理」とは?

借金を抱えた際に借金が減ればいいのに、と思う方がほとんどだと思います。では借金を抱えた方で「債務整理」を行ったことのある方はどれくらいいらっしゃるでしょうか?
借金を実際に抱えた方で債務整理をして返済金額が減ったという方もいらっしゃるでしょうし、最近ではテレビのCMなどで過払い金返還請求などの言葉を耳にする機会が増えたかと思いますが、あれも債務整理の種類のひとつです。
債務整理とは簡単にいうと借金の額を減らせる制度の事を言いますがその方法も過払い金返還制度や任意整理、自己破産や個人再生など様々あり、それぞれはメリット・デメリットが異なってきますので自分に合った債務整理を行う必要があります。

例えば、先程述べた過払い金返還請求ですと裁判所を通さず交渉を行うため自分自身の負担が軽く、かつ周囲にあまり知られることなく手続きを行えます。テレビのCMなどでよく耳にする「払いすぎた利息が戻ってくるかもしれない」というのも過払い金返還請求のメリットのひとつです。
しかしこの制度、使用してしまうと今まで借りていた金融機関から二度とお金を借りる事ができなくなってしまいますので今後もそこでお金を借りる可能性がある方は注意が必要となってきます。

大きな金額の借金であっても法律で整理できると言われていますので借金でお悩みの方は一度弁護士や司法書士に相談してみることをお勧めします。

お金に困ったところ、初めて新生銀行レイクで借入しました

私立の大学を卒業しましたが、結局正社員に就くことができなかった私は、宿泊業の安月給の契約社員として働いていました。趣味は特になく、暇があればパチンコに高じるくらいでしたが、ある日負けが込んでしまって、生活費が少し厳しくなりました。絶対に借金に手を出すことはしないでおこうと胸に誓っていましたが、ご飯を食べれない日が3日経つと、さすがに借金するしかないと思いました。
ネットで借金について色々調べてみました。偶然、とあるサイトで新生銀行レイクの紹介がされており、またテレビのCMで何度も見たこともあったので、借入することに決めました。レイクの公式HPの申し込みフォームより、あらゆる事柄を入力し、しばらく待つと携帯電話に連絡がかかってきました。担当者の女性が即日融資の為にも最寄りの自動契約機に行くことを勧めてくれたので、免許証を持参して行きました。
自動契約機の中では免許証のスキャンや在籍確認があり、おおよそ30分後に借入限度額50万円まで可決されました。そしてコンビニのATMですぐに借入することができ、大変助かりました。しかし、さすがに借金に手を出したことはとてもショックで、今ではコツコツ返済しつつ、節度ある生活に変えています。